発芽玄米こうじ / 250g

商品No.00044000

  • 発芽玄米こうじ / 250g
  • 発芽玄米こうじ / 250g
  • 発芽玄米こうじ / 250g


あと15時間9分以内のご注文で12月9日に出荷します。
※諸事情により遅れることがございます。

数量

410 円 (税抜)

442円 (税込)

数量

410 円 (税抜)

442円 (税込)

人気のタグ

商品概要

国内産の発芽玄米で作った米こうじです。甘酒、塩麹、醤油麹、甘酒ジャム、味噌、漬物など米麹と同様にご使用ください。

名称

発芽玄米こうじ(乾燥こうじ)

商品寸法(WXDXH)

148×20×H230mm

原材料名

玄米(国内産)、麹菌

保存方法(未開封)

直射日光を避け、涼しい場所で保管してください。

賞味期限(未開封時)
※製造日を起点とした期限です。

製造日から 1 年

栄養成分表示

(100gあたり) エネルギー 383kcal たんぱく質 7.0g 脂質 3.8g 炭水化物 80.3g 食塩相当量 0.02g 糖質 74.3g 食物繊維 6.0g ビタミンB1 0.35mg ギャバ(γ-アミノ酪酸) 12mg

注意事項

* 甘酒など白いものを作るとやや茶色くできますが、玄米の色で差し支えありません。
* お買い上げ後は、冷蔵保管をお勧めします。

ご利用方法

<発芽玄米 甘酒>
材料:発芽玄米こうじ250g(1袋) 米150g(1合)
[1] 1合の米を3合のメモリでお粥に炊きます。 [2] お粥を60℃位に冷まし、発芽玄米こうじを入れ混ぜます。 [3] 温度を55~60℃位に保ち、8時間保温したらできあがり。(途中数回かき混ぜる)(炊飯器を使用する場合、保温にし、フタは閉めないで、布巾をかけておきます。温度が高すぎても低すぎてもできません。) ※飲み方:適量の水で薄め、極少量の塩を加え、一度沸かしお召し上がりください。冷やしあま酒の場合はあま酒と同量の冷水や牛乳、豆乳で割り冷やしてお飲みください。 ※保存方法:冷蔵庫又は冷凍庫で保存します。

<発芽玄米 塩麹>
材料:発芽玄米こうじ250g(1袋) 湯300cc 塩70g
[1] お湯に塩を入れて溶かし、60℃まで冷まします。 [2] 発芽玄米こうじを1に混ぜます。 [3] その後室温で毎日1回かき混ぜ1週間ほどの熟成でできあがりです。(冬は2週間位) ※熟成後は、冷蔵庫で約3ヵ月保存できます。
豚肉、鶏肉の塩麹漬け 豚肉(ロース)2枚(180g) 塩麹 肉の20%(大さじ2)
(作り方)[1] 肉の表面に塩麹をまぶします。 [2] ラップに包んで保存袋かプラスティック容器に入れ、冷蔵庫で数時間おきます。1~2日ねかせた方がうまみが増します。 [3] 塩麹は軽く落とし、そのままフライパンで中火で焼きます。

<発芽玄米 味噌>できあがり約4kg
材料:発芽玄米こうじ1kg(4袋) 塩400g 大豆1kg 煮汁(種水)400cc
[1] 大豆を3倍の水で一晩ふやかします。 [2] 大豆を3~4時間煮ます。(楽につぶれる位)圧力鍋だと約40分。[3] 塩とこうじを混ぜます。(塩切りこうじ) [4] 煮豆をザルに上げ種水を取ります。 [5] 煮豆を熱いうちに押しつぶします。 [6] 3の塩切りこうじに、種水(200cc)を加えまぶします。 [7] 6のこうじをつぶした煮豆にあけて混合。固いようなら残りの種水を入れながら粘土位の固さに調整します。 [8] 容器にすき間が無いように詰め表面に手塩を振り、ラップを貼り付けます。 ※仕込み後4~6ヵ月でできあがります。(途中1回天地返しをする) ※カビが生えた部分はそぎ取ります。

更新情報

2019.10.28 パッケージ変更

みんなのクチコミ

評価:

  • 甘酒作りに

    甘酒作りを続けているのですが、発芽玄米の麹を初めてみたので、購入してみました。玄米の香りがしますが、身体に良い気がします。

    2018年03月02日金魚&ネコさん

  • 甘酒作りに

    とても甘く濃厚な甘酒ができました。
    少し薄めてすりおろした生姜を入れて飲みましたが、美味しかったです。
    玄米のつぶつぶが残るので、食べる甘酒という感じです。

    2016年12月14日シナモンさん

  • 塩麹に

    発芽玄米麹を初めて使い、塩麹を作りました。ベージュの塩麹が出来、まろやかで美味しかったです。

    2015年12月23日すみれさん

この商品を使ったレシピ

こちらの商品もおすすめです