【バレンタイン】基本のガトーショコラ(ホール)ラッピング

ラッピングID 20210117180943

内野 未紗 先生


内野 未紗 先生

ホールのガトーショコラを手渡すときにおすすめのラッピングです。今回はTOMIZレシピ「基本のガトーショコラ」にぴったりになるように作りました。一見、箱のサイズが小さく感じるかもしれませんが、15cm型で焼いたケーキの直径とほぼ同じサイズのため、中でケーキを固定しなくても動きません。直接お菓子が触れる設計の箱ではないので、ワックスペーパー等をケーキの側面まで覆う大きさで入れるのがポイント。ワックスペーパー等を使うことで紙ごと持てて取り出しやすくなっています。見た目よりも簡単なラッピングですので、お好みの帯とリボンでアレンジを楽しんでくださいね!

  • 初級レベル
  • 10分

材料

15cm型で焼いたガトーショコラ1台分

お菓子

基本のガトーショコラ(TOMIZのレシピ)
1台

外包装(レッド)

1枚
セロハンテープ
適量
リボン ケミカルレース ホワイト / 1m
約75cm

合計金額

お支払合計が5,980円(税込)以上で送料無料です。

作り方

  • 内包装1

    内包装1

    ギフトボックスを組み立てる。

  • 内包装2

    内包装2

    クッキングペーパーシートを30×30cmに切る。※これよりも小さく切るとあとで入れにくいだけでなく、箱の側面にケーキが触れて油が染みる原因になる。

  • 内包装3

    内包装3

    粉糖をふって仕上げたガトーショコラをシートの中央に置く。

  • 内包装4

    内包装4

    シートの四隅を持ち、ギフトボックスの中に入れる。

  • 内包装4

  • 内包装4

  • 内包装5

    内包装5

    シートの四隅を箱の角の中に入れ込む。

  • 外包装1

    外包装1

    フタをする。

  • 外包装2

    外包装2

    ロゴの位置が上部に来るように調整しながら掛け紙を箱にのせる。

  • 外包装3

    外包装3

    角に合わせてしっかり折り目をつける。※いきなり巻き付けてしまうとフィットせずにだらしない印象になってしまう。

  • 外包装4

    外包装4

    掛け紙の端にセロハンテープをつけて箱の底でとめて、リボンを結んで仕上げる。※箱の角でリボン結びをしてから中央に移動させると緩まずきれいに仕上げやすい。

  • アレンジ

    アレンジ

    掛け紙を変えると印象が変わります。お好みの紙とリボンでアレンジしてください。

  • 配送時のポイント

    今回のラッピングは身近な人に手渡しする想定ですので裸でお菓子を入れていますが、配送の際にはケーキを一度OPP袋などに入れてから箱に入れると乾燥を防いで衛生的に送れます。