1ヶ月に1回、フルーツや旬の素材をつかったタルトを公開していくページです。

いとう

元パティシエ いとうです!
お菓子の中でもともとタルトづくりが一番苦手だったのですが、修行先のパティスリーでいろいろな小ワザを覚えるうちに、
今ではすっかりタルトマニア!
むずかしいと思われがちなタルトの印象を少しでも変えられたらいいなと思い、一年の連載にチャレンジします!よろしくお願いいたします!

今月のタルト

オレンジとチーズのタルト

いとう

フレッシュな気持ちになる4月! 私も入社して1年がたちました。
今月ご紹介するのは、
2種類のオレンジをまぁるく飾ったさわやかなタルトです。
ベースは大人気のベイクドチーズケーキ! 甘さひかえめなので、どんなフルーツを飾るにもちょうどいいと思いますよ。 低温でじっくり焼き、ゆっくり冷やしてしっとりとした食感をお楽しみください。

レシピを見る!

  • 当スタッフから大好評の声が!

いとうのイチオシアイテム

RIBBON クッキートルテ6号 
313円(税込)

ご購入はこちら!

直径18cmのタルト台

ポイント1

約90分の時短に!

クッキー生地を焼く手間ナシで初心者さんも安心!
土台に時間がかからないから、デコレーションにとことんこだわれる!

ポイント2

冷菓・焼き込み両方に使える!

ゼラチンで固める冷菓タイプも、アーモンドクリームなどを焼きこむタイプにも柔軟に対応!

ポイント3

おいしすぎてつまみ食いしたくなる!

アーモンドの風味がゆたかに香り、思わずつまみ食いしたくなるおいしさです。

※生地から手作りしたい方は
こちらをチェック!

基本のタルト

ビデカのオレンジ缶

いとう

上質なオレンジを使ったこのふたつの商品。

「セグメント」は丁寧に薄皮をむいたもので甘みが強く、一般的な缶詰のみかんよりも身が大きいのが特徴です。
「スライス皮付」は皮付なのでほどよい苦味がおいしく、オレンジの皮や白いワタの部分の色のコントラストが美しいので、 「セグメント」と交互に並べていくだけでとっても写真映えするタルトに仕上がるんです。

オレンジスライスかんたん使いきりレシピ

タルトで使うオレンジスライスは、およそ1/3缶分!
今回は、タルトを作ったあとに残った分を
使いきれるレシピ
も一緒に考えてみました。
生菓子・焼菓子ふたつできますので、
オレンジスライスの別の表情を楽しむ気持ちで作っていただけると嬉しいです。

その1焼菓子

パウンドケーキの上に一列に
並べてみました

オレンジケイク

レシピを見る!

その2生菓子

まさかの10分レシピ!
寒天ゼリーの素で作る
涼やかなゼリー。

オレンジケイク

レシピを見る!

タルトマニアのためのコラムvol.2

箱入れのコツ

いとう

ホールのままプレゼントするのもいいですが、食べやすいように人数分にカットしてから持ち運ぶ場合もありますよね。
そんなときに、無駄なくスタイリッシュに収納できるコツがあるんです!
タルトだけでなく、ショートケーキなどにも応用できますよ!
知っておいて損はないハズ!

コツ1

ケーキフィルムで巻くべし

タルトの側面をケーキフィルムでぐるっと一周巻いてみましょう。まるでお店で買ってきたみたいに見えるだけでなく、フルーツが落っこちない、箱入れの際に隣同士でくっつかないというオイシイことづくしです!底にはグラシン紙を敷けばべたつかず、GOOD!

コツ2

互い違いに収納すべし

長方形の箱にしまうときは、互い違いに入れればぴったりおさまります!
先に奥から入れていくのがおすすめ!

詳しくはこちら
チェッック!

いとう

いかがでしたか?
来月は男子にも女子にも人気あのフルーツが旬を迎えます…。
どんなデコレーションにしようかな・・・フッフッフ。
次回もお楽しみに!